「オンタリオにあるスノーシューイングに 最高の自然公園とハイキングコース」

Text by: Quartz Co. Editorial Team

Quartz Co. winter jackets Made in Canada, parks and trails for snowshoeing in Canada

スノーシューイングは数あるウィンタースポーツの中でもかなり始めやすいスポーツの一つです。このスポーツの唯一の前提条件は、ある程度の時間歩ける、という事だけで、必要な装備器具も最小限。スノーシューさえあれば、オンタリオの森の中や片田舎へすぐにでも探検に出かけ、人里離れた息をのむようなカナダの景色を発見する事ができるのです。アローヘッド、フロンテナック、パイナリー、ワサガビーチ、キラーニーやウィンディ・レイク州立公園にはスノーシューのレンタルサービスがあり、公園内のハイキングコースを散策できるようになっています。もし自前の靴を買いたいのなら、マックレガーポイントがおすすめです。この冬、雪の積もったトレイルを楽しむ準備はもうできましたか?

初めてスノーシューイングにトライするならアルゴンキン州立公園が一番。ロッジング・ミュージアムのコースは緩やかな丘のある短い1.3kmコース。もし、もっとチャレンジしたいのなら、湖を見下ろせる崖のある3.5kmのヘムロック・ブラフへ行くと良いでしょう。公園のビジターセンターは週末なら一年中開いているし、マーチブレイクの間も毎日営業しています。クロスカントリースキーコース以外のハイキングコースなら自由にスノーシューイングを楽しめますよ。

シューツ州立公園は冬も夏もとても綺麗です。あえて言えば、氷と雪に囲まれている時の方が水の勢いはより印象的かも。公園には門があるけれど、スノーシューをはいてそのまま通り抜けられます。冬のオークス・セイブルズ川の景色は壮観で、岸沿いに続く滝は特に美しいです。6kmのツイン・ブリッジトレイルは所要時間2時間ほどで、川沿いを行けば、ブン・シスターズを筆頭に多くの滝を見られる展望台があります。展望台にある滝の説明やコースガイドを見逃さないで、ハイキングをより良いものにして下さいね。

ジョージア湾の素晴らしい景色を見たいのなら、南オンタリオ最長を誇るコリンウッドの吊り橋に行ってみて。コースは難度によって1~10kmの3コースから選択できます。どのコースでも吊り橋を渡れ、冬の壮大な地平線を360°見回せます。少し違った体験をお望みなら、夜のガイド付きスノーシューイングを予約して、月と星空の下を歩くのも素敵ですよ。

マラソン地区のグループ・オブ・セブン スペリオル湖のコースは、アートと自然をこよなく愛する団体により、とても良く維持されています。グループ・オブ・セブンに描写された景色がスペリオル湖の北海岸線に沿って、プカスクワ国立公園からネイス州立公園まで伸びています。今や世界的に有名なカナダのアーティストグループが魅せられて1921年から1928年の間、毎年秋に集まって絵画を楽しんだ、というこの景色を存分にご堪能下さい!

マスコカにあるトーランス・バレンズ自然保護区は1999年に世界で初めて「夜空の保護区」として正式に認定された場所です。約19km²の広さにある木々や茂みは、空を遮らないよう高さ制限されているのです。スノーシュー好きなら、日が沈んでからのコースでふと見上げた時に目に映るこの素晴らしい星空の虜になること間違いなしです!

ローリング・レストゥールの500kmに渡るローリング・ディアー・ヤードのコースは、冬の間、オンタリオ州最大級のオジロジカの群れの生息地となっています。深い雪に覆われて食べ物が見つからないため、移動してくるのです。慎重に、静かに進んで行けば、ヘムロックで食べ物を探している群れに遭遇する機会があるかもしれません。野生動物との出会いには最高の行き先です。

ハイキングコースに行く時は、十分に暖かくして楽しんで下さい。行く前に、ハイキングに必要な道具とクオリティの高い、耐水性のウィンタージャケットがあるか、しっかり確認して下さいね。Quartz Co.なら、あなたのこれからのアドベンチャーにピッタリな温かいウィンタージャケットが必ず見つかりますよ。