「ウィンタージャケットの選び方」

Text by: Quartz Co. Editorial Team

Quartz Co. winter jackets Made in Canada

ウィンタージャケット選びというのは、ただ出費というよりは投資が関わってくる買い物になりますよね。良いものを買えば、10年は着られます。ですから、10年経ってもすたれない、クラシックなデザインのものを選ぶのがポイントになります。そしてさらに重要なのは、Quartz Co.のように生涯保証のあるブランドで買う事です。つまり、ウィンタージャケットを買うという事は永続した買い物なので、自分がどんなものが欲しいのか時間をかけてしっかり考えるに越したことはありません。オンラインや店頭に並ぶジャケットの中のたった一つと、あなたはこれから何冬も共にする事になるのですから。これから、ウィンタージャケットを選ぶ際のポイントをいくつかご紹介します。

Quartz Co. winter jackets Made in Canada, Jane jacket in color beige, and Ingrid jacket in bright blue color

ロングコート、それともショートジャケット?

まず最初はジャケットの型を選ぶことです。モコモコのパフィー・ジャケットが良いのか、細身で定番の型が良いのか?それからジャケットの理想の長さを想定します。ちょうどおしりが隠れるくらいの丈ならほとんどの気候に対応できますが、冬の寒さの厳しい地域に住んでいたり、または単に寒がりさんならもっと長めのコートでも良いでしょう。Quartz Co.の最新コレクションでは、メンズ、レディースのジャケット各種スタイルからお選びいただけます。 

Quartz Co. winter jackets Made in Canada, Hood of jacket

素材を見る

撥水加工の表地

まず、ジャケットについているラベルをちゃんと読んで、表地と断熱材両方の組成を確認して。外からの冷気は通さないけど汗は発散してくれる通気性のある生地が好ましいですよ。それから、撥水性と通気性はランクも確認して。どちらも最低10,000mmあれば冬を安心して越せます。あとは、ポリエステルやナイロンなど、動きに強く耐久性の高い生地を選ぶことです。

暖かくて軽いコート

今や多種多様な断熱材が存在しますが、寒さに立ち向かうにはカナダ産のホワイト・グースダウンが、その驚きの断熱力と軽さでゴールド・スタンダードを誇っています。ダック・ダウンはメーカーによって品質が異なることがあるので要注意。ダウンの質を見るには、フィルパワーを確認して。Quartz Co.のジャケットはどれも最低650フィルパワーあり、expeditionコレクションなら最高750フィルパワーあるものもあります。


- フィルパワーは、羽毛のかさ高性を表します。数値が高いほど暖かく、軽い事を意味します。

-フィルウェイトはジャケットに使われている羽毛の量を表します。

羽毛は保温のためには乾燥した状態でなければならないので、表地が撥水性の高いものであることが重要となります。

どこで作られたジャケット? 

ラベルを見る時はジャケットの生産地を確認して。Quartz Co.のように全てのジャケットがカナダ産なら、良質なしるしですよ。Quartz Co.のジャケットに使用されている羽毛もまた、カナダ産のホワイトダックです。

ジャケットの小さなディデールをチェック

時間をかけて確認するべきディテール:

-ジッパーは動きが良く、下からも上からも開けられる2WAYタイプのものであるべき。そうすれば、自分でジャケットの着心地を調整できます。上部の引手で閉めきってて、少し通気が欲しいなら下の引手で開き具合を調整できます。

-ジャケットの袖口と首周りは外の冷気から守るために調整可能であるべき。

-自分に必要なポケットの数、位置、サイズや用途を考えて。ポケットはフリースの裏地付きが鉄則。Quartz Co.のジャケットの殆どが、更なる温かさと心地良さに備え、ポケットにフリースの裏地がついています。

-フードが取り外し可能かどうか確認して。特に寒い日や冬の嵐専用ではなく、何シーズンも着るのであれば、フードの取り外しができるのはとても実用的です。

着心地の良いジャケット

気に入った色と形のジャケットを見つけたら、決める前に試着をする事が大切です。実際に着てみれば、ジャケットの形やフィットの確認ができるし、温かさと軽さもわかりやすく判断できます。Quartz Co.のジャケットは事実その軽さと動きやすさに定評があります。冬用の衣類は特に袖まわりにボリュームがあるので、その上からでも着られるサイズであることを確かめて。試着したまま店内を少し歩いてみたり、ポケットに手を入れてみたりすると良いと思います。それで問題なければ、あなたが着ているのはまさに夢のウィンタージャケットですよ。